酒匠から学ぶ日本酒 明治大学M-Navi
「おいしいお酒のたしなみ方」

2015.7.25 Jul   

big

人気講座の第三弾は「日本酒」がテーマ

夏に差しかかる季節の快晴の土曜日。明治大学中野キャンパスにて、M-Naviプログラム「おいしいお酒のたしなみ方」が開催されました。

BL6A0516

M-Naviとは“Meiji Navigation”を縮めたもので、
明治大学の学生と教職員が協力して、「社会人基礎力」を身につけるためのナビゲーターの役割を果たす学習支援プログラムのこと。

この日開催された「おいしいお酒のたしなみ方」は、これまでにビール、ワインといったテーマで開催し、大人気となった講座のシリーズ第三弾。テーマはもちろん「日本酒」です。今回も定員40名のところなんと100名超の応募があったのだとか。

BL6A0472

世界にわずかしかいない「酒匠」という資格を最年少で取得した、山口菜緒子さんを講師に迎え、日本酒のいろはを学んでいきます。

「酒匠」から学ぶ日本酒のいろは

BL6A0500

講義は、まず山口さんの自己紹介から始まり、日本酒を構成している材料や造り方、精米歩合(原料となるお米の削り具合)によって変わる日本酒のカテゴリ分け、お酒に弱い人の日本酒との付き合い方など、まんべんなく、かといって薄くない、しっかりと「濃い」内容を展開。

BL6A0530

BL6A0578

お酒に強いか弱いかがわかる「パッチテスト」では、参加者のほとんどが「お酒に強い体質」だということが判明。

BL6A0632

講義後の質問コーナーでは、参加者から次々に質問が飛び出しました。「無濾過」の意味は?外国産の日本酒はあるの?原料に使う水で日本酒の味は変わるの?などなど。

BL6A0607

日本酒のカテゴリごとに、どんな味がするのか?という質問の答えは、吟醸(お米を削る度合いが高い)であればあるほどフルーティーですっきりとした味わいに、純米酒は、一般的に豊かで複雑な味わいになりやすいというもの。

BL6A0657

味わいについては、菊水酒造もスピーチの際に「無冠帝はお米を55%まで削った(精米歩合55%)『吟醸』のお酒であるため、香りと味わいのバランスがとれ、洗練された風味が特徴となっています。飲み口がスムーズで飲みやすいので、20〜30代の若い方や、これからお酒を飲み始めるひとにもピッタリなお酒です」といったお話させていただきました。

学生の「熱」をリアルで感じる場

BL6A0663

質疑が終わると、交流会がスタート!

BL6A0714

きっとみなさんこの時間を楽しみにしていたのでしょうね。(笑)
思い思いの日本酒を小さなカップに注いで、友人や、日本酒好きの他の参加者と交流する姿は本当に楽しそうでした。

BL6A0744

参加した学生さんたちに参加の動機を訪ねてみると、「日本酒を取り扱うお店でバイトしているので、お客さんに聞かれた時、ちゃんと説明できるようにしたくて」「日本酒が好きなので、もっとちゃんと知りたいと思った」などなど、真面目なきっかけが続出しました。

BL6A0675

なかには、「東北に復興のボランティアに行った時、現地で一から日本酒を造ろうとしている人たちがいて興味を持った」なんていう感動的な参加動機も。

BL6A0742

講師の山口さんは、交流会でも参加者に囲まれて身動きできない(笑)ような状況でしたし、質問コーナーも本当に学生からの質問が途切れる暇がなく、全体を通して、若いひと、特に学生たちの日本酒に対する「熱」を感じる場だったなぁ、という印象でした。

BL6A0729

これからもM-Naviでは面白い講義を展開しているみたいなので、明治大学の学生の方はチェックしてみてくださいね!

関連リンク
・明治大学M-Navi
・酒匠・山口菜緒子さんのブログ「なおこ酒」

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る