お酒を飲みながら酒蔵と交流できる「SAKETIMES 春のお台場日本酒祭り」参加レポート!

2015.6.15 Jun   

big

お台場からコアカルチャーを発信し続ける「お台場カルチャーカルチャー」

image1

快晴の土曜日。お台場からコアカルチャーを発信し続けるスペース「お台場カルチャーカルチャー」にて、「SAKETIMES春のお台場日本酒祭り」が開催されました。

image2

日本酒ファンと酒蔵さんがリアルに交流できるという、日本酒好きにはたまらないこちらのイベントに、菊水酒造からも無冠帝を持っていざ参戦!

集まった日本酒ファンのみなさんは、およそ70名。

image8

受付で渡された日本酒用のカップに思い思いのお酒をついだお客さんで会場がにぎわい始めたころ、時刻は開場予定時間の12時半に。

SAKETIMES代表・生駒さんの音頭による乾杯でいよいよイベントスタート!

「かんぱーい!」

image6

カップを高々とかかげ、ほくほく顏で日本酒を楽しむみなさん。

生駒さんから「日本酒メディアSAKETIMES」の説明があり、そのあとは休憩&試飲タイム。各酒蔵のバーカウンターは、日本酒ファンのみなさんで大にぎわいでした。

image9

そうこうしているうちに、ステージ上ではSAKETIMESのライターさんによるプレゼンがはじまりました。

image11

日本酒学講師の方など、日本酒を愛する4人のライターさんが登壇し、自身のお酒に対する思いや記事についてを紹介。
それぞれのライターさんたちの熱量の高さには圧倒されるほどでした。

各酒蔵によるプレゼントーク

その後は各酒蔵さんによるプレゼントーク。こちらには菊水酒造も登壇しました。

image12

菊水酒造では、代表的ブランド「ふなぐち菊水一番しぼり」の紹介のほか、「お酒を通じて面白いコトと楽しいコトを提案する」という考えや、その考えのもと始まった、こちら「無冠帝メディア」の紹介も。

image13

そして、そして、

本日の目玉コンテンツ「テーブルトーク」!!

image14

こちらは、これまでバーカウンターの向こう側にいた酒蔵さんたちがお客さんのテーブルに同席、お酒を酌み交わしながら語り合うという、なんとも贅沢な企画。
しかも20分ずつ席替えをおこなうので、たくさんの酒蔵さんや参加者の方と交流できちゃうんです。

image15

自分の興味ある酒蔵さんが着席しているテーブルに「私もいいですか?」と集まってきて、「乾杯〜!」からはじまり、お酒が大好き!という話から酒蔵さんによる酒造りの貴重なお話まで、まぁ盛り上がること盛り上がること。そのころにはみなさんすっかりでき上がっていたので、お酒のおかげもあったのかもしれませんね。笑

image17

菊水酒造のテーブルでは、持参したうぐいす徳利が大人気で、みなさん「それ私も欲しい!」と大はしゃぎ。プレゼンでご紹介したスマートパウチのお酒もかなり評判が良かったのだとか。

image18

楽しい時間はあっという間にすぎるもので、気づけば閉会時間の15時に!

image19

最後に一本締めと記念撮影をし、会は閉会。参加したみなさんの「楽しかった〜」「美味しかった〜」という声が聞こえる、充実したイベントでした。

こうしたリアルイベントがどんどん増えていくことで、日本酒を好きになる人が増えたり、日本酒ファンがもっと日本酒が好きになるような機会が増えていったら素敵ですね。

image21

今後も楽しくお酒を飲むイベントの開催、期待してます!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る